引越し作業の第一段階は何を捨てて何を持っていくかを見極めることです。その後に荷造りですが、じゃまにならないように奥の部屋から始めましょう。というのも最初に荷造りした部屋が出口に近いと駄目です。そして入り口付近の部屋から荷造りをすると、入り口付近が荷物で埋まってしますので。だから一番奥の部屋から荷造りしましょう。部屋ごとに荷造りしておくことで、その番号を振って次回もかわるようにする。一部屋ごとに荷造りを行うと、それぞれの荷物が、次にどの部屋の物か簡単に分かる。そしてタンスと机に入れてあるものは後でしますように。新しい部屋では、その番号を割り振っているので、荷をあらたな部屋に運び入れるか決めて置くようにしましょう。